こころの専門家が “生きててよかった” を見つけるお手伝い

  • メールマガジン
  • 講演・研修のご依頼
  • 取材のお申込み
  • カウンセリング予約

CLIENTS 来談者の声

男性

人として、カウンセラーとして、成長してゆく先が見えました。

ディマティーニ・メソッド®

Xさんから批判された言葉が時々刺さってきていました。

でも今は、すべての過程を通して、良かったと思えるようになりました。

「これでよかったのだ」と感じる今の時点から、もっと変わって行ける(人として、カウンセラーとして成長して行ける)先が見得るように思い、感謝の気持ちでいっぱいになりました。

ありがとうございました。

(愛知県・カウンセラー・女性)

詳しく見る

男性

義母への怒りと傷つきがなくなりました。

ディマティーニ・メソッド®

私は義母の、すぐ人を頼るということろにネガティブな感情を持っていたので、そのことに焦点を当てて取り組みました。

(ワークをしたことで)義母に心から感謝の気持ちが湧き、「ありがとう」と言える気持ちになりました。とっても感動し、お義母さんを愛おしく思うことができました。

先生、本当にありがとうございました。

(女性)

詳しく見る

男性

女性

すべてが感謝に変わり心がほぐれていく感覚を味わっています

ディマティーニ・メソッド®

信じていた相手が信じられない存在だと気付いたできごとはとてもショックで、自己不信、人間不信につながり、その後の人との関係にも不安になっていました。
この問題はことあるごとに取り組んで解決したつもりでいましたが、不信の気持ちが薄らぐことはありませんでした。
でもセッションの中で喜びが心の深いところから湧き上がってきたとき、すべてが感謝に変わり、固くなっていた心がほぐれていくような感じを味わっています。
これから人との関りが変わってゆくように感じ楽しみです。

(静岡県・女性)

詳しく見る

男性

40代女性

この感情を抱えたまま生きてゆくしかないと思っていました。

ディマティーニ・メソッド®

長らく嫌悪感と軽蔑という感情をもっていた相手に取り組みました。
その人を目の前にすると心がざわついていました。
この感情を抱えたままで生きてゆくしかないと思っていました。
でもセッションを通して、長らく縛られていた心が解かれて自由にあたたかい気持ちで相手と向き合えるよう感じています。
自分を偽らず、申し訳なさも持たずに生きる。それを改めて感じていきたいです。
ありがとうございました。

(三重県・女性)

詳しく見る

男性

女性・大阪府

この人が父でなければよかったのに、とずっと思っていました。

ディマティーニ・メソッド®

私は、この人が父でなければよかったのにと、ずっと思っていました。結婚後も実家に帰ることが苦痛でした。

でもセッションを受けたあと父と会ったのですが、今までとは、違う感情、気持ちで遇うことができたのです。

この人(父)は、こういう言い方や、態度だけど、本当は愛情もいっぱいだし、私のことを思っての言動や態度だと、自然と思えました。
涙が出てきたと同時に、気持ちも楽になりました。

他人に変わって欲しい、嫌い、という感情を持ち続けることは、自分でも気づいていなかったのですが、かなりしんどいことでした。

父に対する感情が楽になり、母に対する感情にも、少し変化が現れています。

セッションを受けて、本当によかったと思っています。自分も少し成長できたように思います。

先生、本当にありがとうございました。

詳しく見る

男性

50代・女性

熱い感謝の気持ちが涙とともに溢れてきました

ディマティーニ・メソッド®

弟に取り組みました。

2人姉弟の私達は仲の良い姉弟でしたが、

弟が研究者の道を選択し、

寺を継がないと宣言して北海道大学に進学してから、

次第に心の距離が離れていきました。

とくに、結婚してからは殆ど弟と話すことも、

会うことも無くなって行きました。



距離的に離れていることに加え、

家庭を持ち、全てを私に丸投げしているような

弟の我がわがまま身勝手な生き方や、

「姉ちゃん、ありがとう」の一言もなく、

両親にも冷たい弟に猛烈に腹を立て、

許せない気持ちをずっと持っていました。



頭では、弟の立場や、やるせない気持ち、

苦しさを理解しようと努めるのですが・・

気持ちがついていかず、そんな自分も情けなく、

虚しく悲しい気持ちでした。



弟には怒る事も出来ず、

とはいっても自分の気持ちをどう納めたらいいのか・・・、

許せない一方で、たった2人の…姉弟。

昔のように仲の良い関係になりたい・・・と切望していました。



いつかは、

弟の問題を解決したいと足掻くような気持ちがありつつも、

それは棚上げにしても何とか見ずにもやっていける問題でもありました。

ただ・・・虚しさや苦しさはあるけれど。



今回は棚上げしていたことに取り組む事にしました。



苦しかった・・・。

とちゅうで投げ出したくなりました。

やらなくても・・・離れているんだしと・・・。



弟をみることは、まるで自分を覗込むような恐怖でした。

弟の身勝手さや我がままは、形を変えて私にもあるもの。



弟の頑固さ、融通のなさ、冷淡さ、素直じゃないところ・・・、

こだわりが強くて言い出したら聞かない、謝らない、黙り込む・・・。

そっくりな私達。



やっとのことでブレイクスルーをしました。



私も弟も変わらなくても、

そのままで完全な姉弟であると確信できたのです。



弟が北海道で辛抱強く両親を見守っていてくれること。

離れているから、弟の奥さんとの嫁姑の問題で板挟みにならず、

母のストレスもなく、私のストレスもないこと。



だから、私は自由に私のやりたい方法で親孝行もできる、

仕事や勉強もできる。



その他にも多くの恩恵を弟から貰っていることに気づき、

身体の中心から熱い感謝の気持ちが涙とともに溢れてきました。

冷淡と思っていた弟の態度は、辛抱強さや、弟のやるせなさ・・・。



そしてまた、両親は、

自分達の使命である

「社会に貢献できる人を育てること」

を果たしたのだとも実感しました。



研究者として、根気、粘り強さのある弟。

努力家といわれる私。



祖父母から両親に至る、

脈々と流れるミッションの繋がりを感じ、涙が止まりませんでした。



いまも、さらなる深まりを続けています。

昨日、父と母にこの話をしました。

両親に感謝していることも、改めて伝えました。

詳しく見る

男性

40代・女性・社会福祉士

許しを超えて「愛・感謝」レベルの変革ができるものだと思います

ディマティーニ・メソッド®

私は、Kさんという男性から、
非常に理不尽な裁判を起こされて訴えられました。

それ以来10年間、
いくつかのセッションやワークに取り組み、
「許せる」「あの出来事も必要な学びだった」と思えるようには、
なりました。

それでも心の底では、
Kさんへの恨みと怒り、自分自身への怒りと後悔、
そして「町でばったり会ったりしたらどうしよう」
という怯えに苦しんでいたのです。

古宮先生の本に出会い、
再び自分自身に向き合う決心をしてセッションを受けました。

セッション中は、
古宮先生が安全に誘導してくれたので大丈夫だと思え、
ただ素直にワークに集中することができました。

そして多くの大切な気づきを得ました。

私は、攻撃されていると同時に、
同じだけ周りの人たちからサポートを受けていたこと。

私も同じくらい他者に攻撃してきたこと。

そして、
Kさんの攻撃は私の成長にはなくてはならない
最善のことだったという真実でした。

Kさんが激しく攻撃してくれたおかげで、
私が人生で最も価値を置いている
「心の回復と成長」「バランスをとること」に
謙虚な気持ちで真剣に取り組み続けてこられたのです。

傷ついても立ち直る力があると真に信じられること。
粘り強く待てること。
感情や思考の本質を真剣に探究すること。
一面だけでなく全体を見るように心がけること。
誰しも弱さを抱えながら懸命に生きる愛おしい存在であること。  

それらは、
私が人生で得たとっても重要な学びや信念です。
私がそれらを得ることができたのは、
Kさんが激しく攻撃してくれたおかげだったのです。

そのことが分かったとき、
恨みと憎しみと恐怖しかなかったKさんに対して、
「Kさん、私のためにありがとう」と
涙とともに何度も何度も感謝の気持ちがあふれてきました。
そして自然に
「Kさんありがとう。愛しています」という言葉がでてきました。

ディマティーニメソッドは許すレベルではなく、
感謝・愛のレベルの変革ができるものだと思います。

そして初めて取り組む方は、
古宮先生のように安全にサポートできる方に
ガイドしてもらうことが必要だと感じました。

また、Dr.ディマティーニの書籍を読んで
今一つ腑に落ちない方も一度セッションを受けると、
すべてが最善でバランスが取れているという原理に
納得がいくと思います。

起こることすべてが貴重な体験だったと、
感謝が溢れてくると思います。

Kさん、古宮先生、両親、夫、娘、友人たち、
私をここまで導いたすべてに感謝します。
そして愛しています。

詳しく見る

男性

鍼灸師・女性

強い悲しみと寂しさにさいなまれることがなくなり、人生が変わりました

ディマティーニ・メソッド®

今日まで、
亡くなった母への恨みや嫌悪感が
心に根強くありました。

私は「母の悲しみに包まれて育った」
と思っていました。

出来事の全てが私の人生に必要なことであったことが分かり、
大いなる母の愛を感じられました。

(セッションを受けて)私はこの母を選んで良かったと思いました。
なぜこの母を選んだのか、解ったような氣がします。

この母を選んだ理由どおりに生きていきたいと思いました。
これが魂に正直に生きるということかなと思います。

今日のセッションで、人生で初めて母の話をしました。
今まで母のことを誰にも話さなかったのは、
古宮先生に出会う為だったのかもしれないな、とも思いました。

一生懸命に話しを聞いて導いてくださった古宮先生に感謝でいっばいです。
ありがとうございました。


(この女性はセッションのあと、
亡くなったお母さまに向けて
感謝の手紙を書かれました)

『ママ、

昨日、古宮昇先生の個人セッションを受けました。
ママに対する気持ちを、想いを、考えを、初めて人に話しました。

自分自身でも、この事に向き合ったのは生涯初めて。
避けて通ってたところ。逃げてたんやろね。

ママの醜態と思ってた数々のことが、
今の私に生かされてることに氣付かせてもらった。

それが、沢山の患者さんに還元されてることにも氣付かせてもらった。

長い目でみてみると、ママは私の将来の為に、身をもって教えてくれたんやね。

ママに対する嫌な思いは、私のエゴやったんや。

黒い色してた思い出が、白に変わった感じ。

私は(お母さまの名前)を母に選んで正解やった。

昨日のセッション以前も、酔っぱらいのこと以外は尊敬してたんよ。
でも昨日からは、もっと尊敬できた。

ほんとに沢山のことを教えてくれてるね。
今も教え続けてくれてる。
まだまだ気付いてないこともありそう。
本当にありがとう。

○○の娘より』

~後日談~

後日教えてくださったのですが、
あのセッション以来、
十年以上苦しんできた、
「強い寂しさ」「悲しさ」にさいなまれることが
無くなって穏やかなんだそうです。

そして今年のお母さんの命日は、
それまでなかったほど穏やかで新鮮な気持ちで
迎えることができたとのこと。

それからさらに後日、次のイーメールをくださいました。

「あれから心が軽くて、
他の嫌な事までも氣にならなくなっています。

古宮先生のディマティーニメソッドは
その時だけではないのですね。

セッション後もずっと私を支え続けてくれています。
後から後から効果が出てきます。

ストレスってないかも⁉と思うくらい、
楽に過ごさせて頂いています。

全て古宮先生のお陰です。
本当にありがとうございました。

感謝でいっぱいです。」

詳しく見る

男性

30代・女性

この苦しみと一生付き合っていかないといけないのかと、半ば諦めていました

ディマティーニ・メソッド®

結婚を前提にお付き合いをしていた彼に
数年前に捨てられてから、
ずっと恨みを持っていました。

裏切られたという気持ちが強く、
何年も彼の不幸を祈っていました。

あの人のことなど思い出したくもないのに、
もう克服した、忘れたと思っていても、
ふとした瞬間にあのときの怒りや悲しみがこみ上げ、
憎しみでいっぱいになっていました。

もう5年も経っているのに、
それが毎日続いていました。

そんな自分が惨めで、自己嫌悪になっていました。

あぁ、この苦しみとは一生付き合っていかないといけないのかと
半ば諦めていました。

ドクターディマティーニ・メソッドを受けてからは、
この悲しい出来事が、今の私を作ってくれている、
価値のある出来事だったとわかり、
セッションの2時間半が経過したころには、
とても清々しい気持ちで涙が溢れました。

私は悲しい出来事の一部だけを切り取って見ていただけで、
これらは私が幸せに生きるために、
すべて役に立っていたことに気付いたのです。

彼への恨みは感謝に変わり、
私に幸せを届けてくれた彼の幸せを願うことが出来るようになりました。

この体験は、悲しみを喜びに変えてくれただけでなく、
改めて自分が与えられている幸せに気付くことができ、
自分の自信を取り戻す素晴らしい経験でした。

本当に、あの日以来、彼への恨みは感謝に変わりました!

前を向いて生きられているという感じです。

本当にありがとうございました!!(o^^o)


~ 後日談 ~
この女性から、
3ヵ月後に お話をうかがう機会がありました。

ディマティーニ・メソッドを受ける前は、
もとカレのことなんか思い出したくもないのに、
実は、毎日思い出してしまい、
『あんなやつ、死んでしまえばいいのに!』 と思って辛かったそうです。

でもセッションの後から きれいさっぱり、
元カレのことは 思い出さなくなったそう。

それに
ディマティーニメソッドの前までは、
友だちの優しい言葉も

『私がフラれたからって
あわれまないでよ!』

と思って内心では腹が立ったそう。

それは、 自分が不幸でみじめだったから。

でも今では、
その人たちの優しさを 素直に受け取れるとのことです。
そして、新しい彼氏ができたと笑顔で教えてくれました。

詳しく見る