こころの専門家が “生きててよかった” を見つけるお手伝い

  • メールマガジン
  • 講演・研修のご依頼
  • 取材のお申込み
  • カウンセリング予約

PROFILE 古宮 昇(こみや・のぼる) プロフィール

古宮 昇 プロフィール

わたしが人生で一番したいことは、
「世界の大勢の人々が、『生きていてよかったぁ』と思える幸せで充実した人生を生きられるよう助ける」
ことです。

その大きな願いを持つようになったのは、わたしの辛い生い立ちがとても関係しています。

わたしの生い立ちについて

仕事を通してしたいこと

わたしは、心理カウンセラー(公認心理師・臨床心理士)、心理学研究者、著者、講演・セミナー講師として仕事をしています。

多くの方々が、「自分のことが好きだと自然に感じられ、人との関係が楽しく、日々、安心感を感じて過ごせて、好きなことや得意なことを通して人の役に立っている」、そう生きられるようお手伝いをしています。

わたしの専門分野

わたしは、来談された方のご要望に応じて、つぎの3つの方法で心理援助(心理カウンセリング)をおこなっています。

感情滋養セラピー

感情滋養セラピー

安全な関係のなかで、自分の心に何が起きているのかを、わたしと一緒にじっくり探求してゆきます。すると、心の自己治癒力が発揮されてあなたにとって最良の心の動きが生まれて癒されてゆきます。そして、これまで得られなかった心の滋養を得ることができます。

詳しく見る

ディマティーニ・メソッド®

ディマティーニ・メソッド®

うつ症状、人間関係での負担や傷つき、怒りや憎しみ、傷つき、悲しみなど過去の心の痛み、大切な人やペットを失った喪失の苦しみ、「自分が好きになれない」悩みなど、何十年間も抱えてきた心の苦しみも、他の心理療法、心理カウンセリング法では考えられない短い期間、少ないセッション数で根本的に解消します。

詳しく見る

対話カウンセリング

対話カウンセリング

安全な関係のなか、来談された方はその時に話したいと思うことを何でも自由に話し、対話をおこないます。セッションを経るにつれて対話が深まってゆき、それとともに、来談された方の感じかたや見かた、これまでのパターンに変化が起きてきます。

詳しく見る

わたしにとってのスピリチュアリティ

わたしはアメリカ心理学会から認定された米国の大学院で博士号をいただき、心理学者として国際的・国内で多くの発表をしたり多くの著書を書いたり、心理学の国際学会でシンポジストをするなど、心理学者として研究をしてきました。

また、わたしにとってスピリチュアリティはとても大切です。

スピリチュアリティとは、「現実世界から離れたキラキラ・ふわふわ」したものでもなければ「あやしいもの」でもありません。

わたしにとってスピリチュアリティとはこの現実世界で生きることの基底にあるもので、日常のすべてのこと、つまり、働くことも、遊ぶことも、人づきあいも、すべてがスピリチュアルな活動です。

そしてスピリチュアルな叡智は、人がこの現実世界で、本来のすばらしさを発揮しながら幸せに生きてことに、とても役立ちます。

わたしは、本格的な心理学の研究に加えてたくさんのスピリチュアルな修業を積んできました。

略歴

現職
カウンセリング・ルーム輝(かがやき)室長(神戸市・JR六甲道)
学歴・職歴
大阪府立大学総合科学部卒業
米国・メリーランド州立 フロストバーグ大学大学院 カウンセリング心理学大学院修士課程主席卒業
米国・州立ミズーリ大学コロンビア校より心理学博士号(PhD. In Psychology)取得

米国にて、州立カウンセリング室子ども課で常勤心理士、病院精神科で心理士等として勤務する。また、州立ミズーリ大学コロンビア校心理学部で非常勤講師として教鞭を執る。

日本に帰国し、大阪経済大学人間科学部(臨床心理士養成第一種指定校大学院・公認心理師大学院)教授、ニュージーランド国立オークランド工科大学心理療法学大学院客員教授、および心療内科医院でカウンセラー、(NPO)ストレス・カウンセリング・センターで開業カウンセラーなどを経る。現在は神戸市にて開業カウンセラー。

メリーランド州立 フロストバーグ大学大学院カウンセリング心理学修士課程主席卒業。
州立ミズーリ大学コロンビア校心理学部より「優秀教員」
アメリカ心理学会異文化委員会より「奨学生賞」

著作